前へ
次へ

自分でiphone修理ができるかどうかチェック

iphone故障の時には、自分で対応できるものとできないものがあるため、症状をよく確認し、iphone修理ができるかどうかチェックしましょう。
もし自分でiphone修理するのが難しい場合には、なるべく早くiphone修理店に持参して修理をしてください。
再起動やリセットなどができる状態であれば、自分でのiphone修理が可能です。
リセットや再起動を行う前に、定期的にバックアップを取っておけば、万が一の時に困ることはありません。
また、アプリの入れすぎによって動きが悪くなることも珍しくないといわれています。
アプリを三分の二ぐらいにへらしてみると、元の通りに動くようになる可能性が高いため、ある程度処分していいアプリを確認してから利用してください。
また、人によってはトイレなどに落としてしまったときのiphone修理文字分で行うという人もいます。
あくまでも応急処置であれば自分でiphone修理が可能といわれていますが、本当にiphone修理しているわけではありません。
内部がまだ水でぬれている可能性もあるため、早急にiphone修理店に見せましょう。

Page Top